おすすめ記事Recommended

学長座談会最新号

学長対談

大学が担うべき教育者の養成
子ども一人ひとりに寄り添える教育を…

兵庫大学の母体である睦学園誕生100周年を機に2023年4月、本学は教育学部教育学科を新設します。高…

記事を読む

最新号

学長座談会最新号

兵庫大学の母体である睦学…

大学が担うべき教育者の養成
子ども一人ひとりに寄り添える教育を実現するために

兵庫大学の母体である睦学園誕生100周年を機に2023年4月…

記事を読む

教育最新号

子どもは一人ひとり、ココ…

幼・小、さらに将来の成長へとつなぐ、
先進の教育スキルを身につける。

子どもは一人ひとり、ココロも、カラダも、発達のしかたもいろい…

記事を読む

その他最新号

地域に支えられ、時代の変…

大正から昭和、平成、そして令和
「和」の精神とともに歩んだ100年

地域に支えられ、時代の変化に対応しながら、つねに挑戦を続ける…

記事を読む

卒業生の活動最新号

入学部事務部長を務める瀬…

兵庫大学の未来を輝かせるために挑戦を続ける

入学部事務部長を務める瀬川明さんは、兵庫大学開学の年度に入学…

記事を読む

卒業生の活動最新号

今年、創立96周年を迎え…

保護者、子供の視点を大切に
ニーズに対応した園づくりを考えたい

今年、創立96周年を迎えた兵庫大学附属須磨幼稚園。4月から須…

記事を読む

在学生の活動最新号

学園創立100年まであと…

今も未来も輝き続けたい
知ってほしい私たちの夢

学園創立100年まであと1年。時代が変われば、若者たちの夢の…

記事を読む

在学生の活動最新号

社会福祉学科では、社会福…

国家試験をめざす仲間とともに
集中できる場所がある

社会福祉学科では、社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験合格を…

記事を読む

在学生の活動最新号

女子バレーボール部は、2…

元気いっぱい!
「もっと上」をねらう部員たち

女子バレーボール部は、2021年度関西大学バレーボール連盟秋…

記事を読む

カテゴリから記事を探す

おすすめ記事

大学が担うべき教育者の養成
子ども一人ひとりに寄り添える教育を…

兵庫大学 兵庫大学短期大学部 兵庫大学 大学Vision 兵庫大学6つの特色

バックナンバーBack number

過去の大学広報誌「和」も是非ご覧ください

vol.13 2021年6月

福祉と地域

社会的包摂の視座から「誰一人取り残さない社会」の構築を目指して、私たちはどのようなことができるのか…。大学が地域に溶け込みながらできることについて語ります。

WEBで読む

vol.12 2020年6月

“グローカル”Global×Local

地域創生とSDGsの実現に向けて何ができるのか、また大学が担うべき役割は何か…

PDFで読む

vol.11 2019年6月

地域×健康

いつも世界、地域を見据えた取組みを。地域の人々に支えられ、選手として指揮者として前向きに歩み続ける松永氏。教育の世界にも通じる熱い想いを語り合います。

PDFで読む

vol.10 2018年6月

人材育成

大学が社会と地域を変える。これからの時代に対応するために、大学はどのような人材を輩出すればいいのか、大学の戦略、教育はどうあるべきなのか・・・

PDFで読む

vol.9 2017年6月

地域活性化

ナンバーワンの人材養成へ。地域社会の抱える課題を解決し、未来の可能性を広げるにはどうすればいいのか…大学の役割や今後の地域経済について語ります。

PDFで読む
最新号をデジタルブックで読む

広報誌「和」~nagomi~とは

本誌は、地域の方々、そして本学関係者の方々に、兵庫大学・兵庫大学短期大学部の様々な活動についてお知りいただきたいとの思いから、年に1回発刊しております。
巻頭特集の学長鼎談をはじめとし、地域貢献活動や教員の研究活動、学生の活動、卒業生の活躍など、多岐にわたる話題から本学を表し、本学が目指す大学像や、その軸にある教育運営を共感いただきたい、そんな想いを広報誌「和」に込めています。

今後のよりよい広報誌づくりのため、アンケートフォームより皆様のご意見をお聞かせください。

「和」へのご意見・ご感想はこちら

発行:兵庫大学・兵庫大学短期大学部学長室広報担当
〒675-0195 兵庫県加古川市平岡町新在家02301
TEL:079-427-5111(代表) FAX:079-427-5112

ありがとうの
プロフェッショナルへ

~タグライン策定の意義~

このタグラインは、
私たち兵庫大学の教育に込めた思いを表現したものです。
建学の精神の「和」を大切に、感謝、寛容、互譲の心と
高度な技術を併せもった人材の育成を学内外の多くの方々にお約束する内容を表明しています。

~「タグライン」に込める想い~

「ありがとう」にあふれる人生を送ってほしい、
それが私たちの願いです。
あらゆることに感謝の念を抱きながら、仕事をさせていただくこと。
他者にこころを寄せ、おたがいに認め合い大切にしあうこと。
そして、他者とおたがいに譲りあい、助けあうこと。
すると、やがてあなた自身が「ありがとう」という感謝の言葉をいただくことができる専門家となります。
それこそが、私たちが目標とする“ありがとうのプロフェッショナル”なのです。
私たちはあなたの一生を支える力を育みます。
生きる力に変わる学びを、あなたに。